無知と無垢

無知と無垢 5

著作者:成川九
「誰でも良かった。単純で可哀想、だから丁度いい。それだけだった―――。」 翻訳家の篤志はある晩、道端で行き倒れている青年を拾い、自宅へと招き入れる。 帰る家がないと言う青年・結弦に「家政夫をやらないか?」と持ち掛け、2人の同居生活が始まるが――。
すぐに読む